Contents

2021.07.01

髪の毛の健康を守る。オーガニックなケアと薄毛の正体

髪は長い友達。でも、どんな友情もほったらかしでは長続きはしませんよね。それは髪も同じ。実は長く付き合って行くためには定期的なケアが必要です。若いからまだ大丈夫そう思っていませんか?性別関係なく、実は多くの人が薄毛に悩んでいるんです。

年齢とともに変わる髪の悩み

髪についての悩みは大まかに加齢によって変化していきます。髪の悩みが始まるのが大体30代前半と言われており、髪の痛みやパサつきなどが多くを占めます。そして40代になると増えてくるのが、白髪です。そして徐々に髪の毛の量も減少していきます。カラーリングの機会も増え、よりパサつきや艶が無くなっていってしまいます。50代も半ばになると、髪が細くなり、ボリューム不足や分け目が目立つようになるなどの悩みへと移行していきます。

髪の毛のサイクルと薄毛の正体

髪の毛には生え変わるサイクルがあり、その周期は人それぞれですが平均で4~6年と言われています。ヘアサイクルとは成長期、退行期、休止期の主に3つ。男性の薄毛の場合、壮年性脱毛といわれ、へアサイクルの成長期が徐々に短くなってしまうことをいいます。毛根の数は変わらないため、成長期が短くなってしまうことで、退行期、休止期が長くなり、髪の毛がしっかり成長するまでに抜け落ちてしまうというのが原因です。一方女性の場合は出産を気に脱毛に悩む方が増える傾向にあります。女性ホルモンには特徴があり、髪の毛の生え変わりサイクルにおいて、退行期・休止期を抑制する働きがあるんです。つまり、妊娠中は女性ホルモンのレベルが高くなり、髪が抜けない状態が続きます。しかし出産後、女性ホルモンが急激に減少し、これまで抑制されていた退行・休止期が訪れ、抜け毛が増加します。それらの原因も大きいですが、実は髪の痛みも薄毛の原因になります。

女性の場合、ヘアアイロンを使用することもあると思いますが、実は100~200℃以上の温度設定だと、毛髪内部のタンパク質が変容し、空洞が生まれてしまい、細い髪になってしまいます。このように髪は非常に繊細にできており、紫外線を浴びる、また半乾きの状態で長く放置してしまう、またパーマやヘアカラーなどの化学処理による影響も顕著に現れてしまいます。現在薄毛専門外来なども増加傾向にありますが、そうなる前に対策をしておきたいですよね。

髪の健康は一日にしてならず。日々のケアと美容院にもこだわりを。

広島県廿日市市にある理・美容店「HAIR MODE KEN ヘアーモードケン」。男女問わずに幅広い年代から支持されているお店です。その理由の一つはオーガニックへのこだわり。カラーやトリートメントは髪や地肌に優しい「ヘナ」を取り扱っており、じっくりと髪質の改善ができます。メンズだけでなく、レディースのシェービングも行っているところもいいですよね。オーガニックの「ヘナ」は天然100%ということもあり、安心して使うことが出来ます。痛みも少なく化学由来のものよりもピリピリが抑えられる傾向にあります。毛染めには時間がかかりますが、その分、トリートメント効果は絶大で、うねりやハネが収まるといった声もあるんだとか。長期的に顧客と向き合う姿勢に好感が持てますよね。今髪にお悩みのある方だけではなく、これからのことを考えて髪をケアしていきたいと考えている方にオススメですよ。

今回の取材先

HAIR MODE KEN ヘアーモードケン
広島県廿日市市福面1-3-22
コロナウィルス感染予防中の為、火~金 9:00~19:00/土・日・祝 9:00~18:30
定休:毎週月曜日/第3日曜日 /不定休有り 
カット価格4000円・駐車場完備

一覧へ戻る