Contents

2021.07.15

編集部おすすめ!こだわりメープルシロップ「MARC GAGNON」

本場カナダで作られた100%ピュアなメープルシロップ「MARC GAGNON(マークギャニオン)」。程よい甘さがパンケーキやフレンチトーストなどとの相性抜群で、全国にファンが多く、一度その美味しさに気づくとほとんどのお客さんがリピーターになるそう。美しい琥珀色で、パッケージもとってもおしゃれ。ちょっとしたギフトやプレゼントにも最適です。メープルの樹木〈サトウカエデ〉はカナダの厳しい冬の寒さに備えるため夏の間にデンプンを生成し、木の内部に貯えます。するとそれがやがて糖分に変わり、雪解け水が流れ出す頃になると、木の幹から豊富なミネラルを吸い上げ、糖分を含んだ樹液となり流れ出していきます。この減少が起きるのは、一年の間でも12日間だけ。これをメープルウォーターとよび、煮詰めたものがメープルシロップです。採取時期の違いによって色と風味が異なり、時期が進むに従って色が濃く、風味が増していきます。光の透明度とメープル特有の風味によって分類され、MARC GAGNONのメープルシロップもゴールデン、アンバー、ダークの3種類があります。

母国カナダのメープルシロップを広めたい。熱い思いを持つ創業者マーク・ギャニオンさん。
創業者マーク・ギャニオンさんはカナダ最古の州、ケベック州の出身。メープルシロップづくりが盛んなのはもちろんのこと、メープルシロップについて学ぶ学校があるほど。製品の品質にも厳格な基準が設けられており、メープルウォーターの採取も資格を持つ者のみが許された行為なんです。それだけシロップ作りに強いこだわりと誇りを持っているんです。ギャニオンさんは旅で訪れた北海道に魅了され、現在の奥様と出会い2003年に移住。2005年には本国ケベック州のファームと契約を交わし本格的にメープルシロップの輸入を開始しました。そして現在ではインターネットではもちろん、全国の百貨店で購入できるほどの人気商品へと成長しました。

実は様々な料理に使える本場のメープルシロップ

MARC GAGNONのメープルシロップは程よい上品な甘さなので、日本料理との相性も抜群。お酢や醤油、味噌ともマッチし、魚や肉の煮物や味噌漬けなど、臭みを消し素材の旨味やコクを引き出します。実際本場カナダでは、昔から、ソースやドレッシングにも使われており、調味料としての役割も担っているだとか。約240種類のフレーバーとミネラル、アロマを含んでいるといわれ、昔からエネルギーの源であり、体の不調にも効く薬として受け継がれてきたんだそう。パンケーキだけではなく、様々なアレンジ料理が楽しめるのが特徴です。

商品は全国の百貨店またはオンラインショップで購入可能。もちろん店舗もあり、北海道札幌市西区に本場カナダの国旗の色と同じ色をした佇まいのお店を構えています。内装もおとってもオシャレで温かみのあるデザインで様々なメープル商品をゆっくりと選べますよ。

今回の取材先

MARC GAGNON マーク ギャニオン

住所:063-0002 札幌市西区山の手2条1丁目4-23

電話:011-622-8660

営業:11:00~18:00

定休日:月曜日

HP:https://www.gagnon-jp.com/

オンラインショップ:https://store.shopping.yahoo.co.jp/gagnon-maple/

一覧へ戻る