Contents

2021.07.08

キャンプグッズを自宅でも楽しもう&北海道おすすめキャンプ場

今ブームとなっているキャンプ。でもキャンプグッズの収納場所に困りますよね。そんな時は自宅でもキャンプグッズを使ってみてはいかがでしょうか。家で使うことで愛着がわきますし、使わなくなったギアの活用にもなりますよ

まずは使いやすいギアといえばクッカー。キッチン用具として活用しやすいギアです。コンパクトになるので、キッチンに収納もしやすいのもいいところ。家族がいる場合、メインとして使うのは少し物足りなさがあるかもしれないですが、例えばランチに一人分や夜食用に使うというのもアリですよね。一人暮らしならなおさらこれほど使いやすいギアはありません。クッカーのいいところは調理してそのまま器としても使えるところ。洗い物も少なくすみます。また、その可愛いデザインを生かして、鉢植えとして使う人もいるんだとか。使えば使うほど味が出るキャンプギアだからこそディスプレイとしても優秀なんです。

使わなくなったペグを有効活用することも一つの手。鋳造型のペグならとても丈夫なので、ちょっとした台や大きいものなら、カフェテーブルの脚として使うことも出来るんです。カッティングボードなどと合わせれば、そのままキャンプの際にテーブルと使うことも出来て一石二鳥。

そして家だけでなく、ちょっとした旅行や車中泊などでも活用できるのがポータブル電源。キャンプでもかなり手慣れた玄人キャンパーなら電化製品を使うなんてNGと思われる方も中にはいるかも知れませんが、便利であることに違いはありません。キャンプならスマホの充電はもちろん、ライトや調理器具にも使えますし、夏ならポータブルファンや冷蔵庫、冬には暖房機器にも使えます。便利に使えるところは使って時間を短縮したり、キャンプをより快適にするのも楽しみ方の一つではないでしょうか。このように家でもキャンプでもお気に入りのギアを使って有効活用してみませんか。そして今回はそんなハイブリッドなキャンパーにおすすめのキャンプ場をご紹介します。

札幌中心部から来るまで30分。地下鉄で手ぶらで行けちゃう北海道ならではの都市型キャンプ場。

北海道にある紅櫻アウトドアガーデンはビギナーから玄人まで幅広い層が楽しめる都市型キャンプ場。札幌の住宅街に隣接しながらも北海道ならではの裕福な自然が楽しめます。注目は地下鉄でも行けること。地下鉄南北線の自衛隊前駅を降りて20分で行けちゃいます。

そしておすすめは新設された全天候型貸切キャンプスペース「Forest Base」。他のサイトから離れた場所にあり、周囲を池に囲まれた貸切スペース。決して屋内ではなく、屋外に屋根が設置されているので雨でもキャンプが可能。その他にもテントエリアは8エリア、デイキャンプエリア2エリア、ディキャンプ専用タープエリア2エリア、カーサイトエリア1エリアがありますよ。

札幌市内から近いので市内の方はもちろん、北海道に旅行に行ったついでに行けちゃうとっても素敵なキャンプ場です。キャンプグッズのレンタルも充実しているので手ぶらでもOK、しかも今ならリモートワークプランもあるので活用してみてはいかがでしょうか。

今回の取材先

住所:北海道札幌市南区澄川389-6
電話番号:080-9009-9064[受付時間:10:00~17:00]
定休日:毎週月曜日[祝日の場合は、祝日明けの平日がお休みとなります]

HP:https://bz-outdoorgarden.jp/

一覧へ戻る